御幸の浜海水浴場

御幸の浜海水浴場

景色が良く、晴れた日には伊豆半島や三浦半島を見ることもできる御幸の浜(みゆきのはま)の名前の由来は、1873年に明治天皇と皇后が地引網の見学に訪れたことにあります。
夏季は、公共トイレ・シャワーのほか、市営プールも隣接しています。
※御幸(ぎょこう・みゆき)とは「天皇が出かける」という意味です。

小田原
御幸の浜海水浴場
住所 〒250-0012 神奈川県小田原市本町3丁目413-1番地先
営業時間

9:00~17:00

アクセス

JR・小田急線「小田原駅」から、バス「御幸の浜」下車徒歩5分。 車の場合は、西湘バイパス「小田原IC」から約5分。

駐車場 なし
HP http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/topics/swimming_beach.html

その他のスポット

小田原城から歩いて15分くらいの距離にある御幸の浜は、明治6年(1873)に、明治天皇と皇后がおそろいで、漁夫の地引き網をご覧になって以来、「御幸...more read

小田原 御幸の浜

JAかながわ西湘の農産物直売所の朝ドレファ~ミ♪ ハルネ店は、小田原駅と直結した地下街にあり、連日地元の人や観光客で賑わっています。ここでは朝収...more read

小田原 朝ドレファ~ミ♪ハルネ店

朝に収穫したばかりの農産物「朝ドレ」と農家のファーマーズを組み合わせたユニークな店名をもつ産直マーケット「朝ドレファ~ミ♪成田店」では、新鮮...more read

小田原 朝ドレファ~ミ♪成田店

小田原漁港で水揚げされた新鮮な魚を、誰もがお求めやすい市場価格で購入できる「港の朝市」は、月に2回開催されています。鮮魚や貝類だけでなく、小...more read

小田原 小田原・港の朝市

小田原の名産でもあるかまぼこを中心に、ショッピングとグルメ、そして体験型アミューズメントを備えた施設。小田原宿の市場のにぎわいを再現した「鈴...more read

小田原 鈴廣 かまぼこの里

450年の歴史を持つ小田原「みのや吉兵衛」。伝統を守り抜いた製法・味付けの「いかの塩から」やかまぼこ「美濃」、そして梅干は【皇室献上品】として...more read

小田原 小田原みのや吉兵衛 錦通り店