海の見えるレストラン


春の訪れにぴったりな体験として、今回は和菓子作りをご紹介♪

鎌倉の長谷にある創作和菓子「手毬」では、和菓子を自らの手で
作る楽しみを広めたい…という思いから、初心者でも手軽に楽しめる
和菓子づくり体験講座が定期的に開催しています。

aunturm_icon

SHONANで春の和菓子作り体験

一条恵観山荘

今回はイギリス出身のMayaさんに体験してもらいました。
日本ならではの繊細で奥深い創作和菓子の世界を楽しみました。
江ノ電の長谷駅を下車し、海岸沿いを歩いた先に体験場所である「手毬」があります。

季節の和菓子作り体験

SHONANで春の和菓子作り体験

教室に入ると、各自の席に和菓子作りに必要な材料と道具が既に用意されていました。

SHONANで春の和菓子作り体験

2月のメニューは「りんご」。
見本として、各テーブルに1つ完成品が置かれています。 こちらでは、毎月メニューが変わるため、リピートで訪れる人も多いのだとか!

SHONANで春の和菓子作り体験

先生の説明が少しあってから、スタート!まずは4色の練り切りをそれぞれ3等分し、手の平でこねて、丸めていきます。それぞれの練り切りを丸める時、他の色が着色するのを防ぐために手の平はこまめにおしぼりで拭き取ります。

SHONANで春の和菓子作り体験

こちらでは完成後の試食用に1個、持ち帰り用2個の計3個作るため、練り切りも3等分して生地を作りました。

SHONANで春の和菓子作り体験

それぞれの生地を作ったら、まずは一番内側になる白餡作り。白餡の中に大納言を入れて丸めます。(こちらの大納言があとで重要なアクセントに!)平らに伸ばして折りたたむ…その工程を何度か繰り返します。

SHONANで春の和菓子作り体験

ゆっくりやってしまうと手の平の温度で練り切りがゆるくなってしまうため、この作業はスピーディーに行うのがコツ。

SHONANで春の和菓子作り体験

平の円に伸ばした練り切りを赤→黄の順に重ねて、最後に先程作った白あんを置いて、白あんが隠れるまで丁寧に包み込みます。

SHONANで春の和菓子作り体験

丸めたあとは、乾燥を防ぐために上にガーゼを被せて置いておきます。

SHONANで春の和菓子作り体験

いよいよ仕上げの細かい作業!
円錐形の木製道具でへこませて、りんごのくぼみとなる部分を作ります。次に、元々用意されていた茎をくぼみに置きます。
思わずMayaさんも真剣な表情に…。最後は緑の小さな練り切りを伸ばし、りんごの葉っぱを作成して、くぼみ付近に配置。

SHONANで春の和菓子作り体験

そして、ついに完成!!
りんごの色味を表現した黄色の餡も、きちんとグラデーションされていました。

SHONANで春の和菓子作り体験

切って断面を確認してみます。
白餡で包んだ大納言は、りんごの種を表現したものだったのです!

SHONANで春の和菓子作り体験

実はあんこが大好きだというMayaさん。頂いた緑茶と共に、完成したばかりの和菓子を美味しくいただきました。

SHONANで春の和菓子作り体験

和菓子作りは初めての体験だったMayaさん。「練り切りを伸ばしていく作業のときは、手の平にくっついてしまいそうで焦りましたが、初心者でも楽しく作ることができました!できたてすぐの和菓子は柔らかくて本当に美味しかったです。他の和菓子も作りたいです!」

SHONANで春の和菓子作り体験

特別な技術や道具のない初心者でも手軽に楽しめ、和菓子の素晴らしい世界に魅了されました。
毎月体験メニューが変わるため、四季それぞれの和菓子作りを体験することもできます。

SHONANで春の和菓子作り体験

残りの2個は持ち帰り用の専用ケースに入れ、手提げ袋にも入れてくれます。
帰ってまた食べるもよし、家族や大切な人へプレゼントするのもオススメですよ♪

鎌倉創作和菓子 茶寮 手毬

SHONANで春の和菓子作り体験 SHONANで春の和菓子作り体験 SHONANで春の和菓子作り体験

体験教室の隣にある「創作和菓子 茶寮 手毬」では、季節の上生菓子の販売と茶寮(※ランチは予約制)が併設されています。
色鮮やかな和菓子が並ぶ光景には、思わず「わーキレイ!」と言葉が出てしまうほど。
繊細な色使いが表現されている『手毬』は、市松模様のものや企業カラーに合わせた特注品にも対応しているそうです。
長谷散策の際のお土産にしても♪
(午前中のうちに売り切れてしまう和菓子も多いとのことなので、購入はお早めに…!)

● 鎌倉創作和菓子「手毬」についてはこちら