見れば見るほど繊細なイラスト

鈴木英人さんインタビュー写真

日本じゃないような、海と空

Feel SHONAN ロゴ

下田
こんにちは。Feel SHONAN ナビゲーターの下田奈奈です。よろしくお願いします。さっそくですが、まず、このロゴに込めた想いについて聞かせていただけますか?
鈴木
やはり湘南というと、海と青い空という感じがあるじゃないですか。日本じゃないみたいな。それを表現したくて。あと僕はずっと逗子の絵を描いていたので、その辺のところからヒントを得て、あんな絵柄にしたんですよね。
下田
あの作品はどちらで描かれたのですか?
鈴木
描いたところはここです(笑)。
下田
ここで描かれたんですね。鳥がいたり、富士山の絵が入っていたり、よく見るとすごく細かく描かれていますよね。文字の中にデザインがされていて。あれは実際に湘南の海を見に行ったりされたんですか?
鈴木
もちろんです。そこがすぐ海ですから。その前で書いていましたよ。

鈴木英人さんインタビュー写真1

下田
そうなんですね。ここのすぐ近くの海がモチーフに。
鈴木
そうそう。そこへ出て行って、見て、こういう風に描いたらいいなと考えて、それで描いたんです。
下田
あれはどういったツールを使って作られているんですか?
鈴木
まず手で描いて、墨(スミ)線という黒い線で輪郭を描きます。そのあとパソコンに取り込んで、着色していくわけです。修正しながら仕上げる方法です。漫画みたいな描き方かな。

プライベートも仕事も一緒

下田
ずっと逗子に住まわれているということですが。英人さんにとって湘南とは何でしょう。どういう関わり方だったり、どんな想いがありますか?
鈴木
想いね。いつも関わってるからね。もう湘南湘南って、最近、湘南を描いてくれってすごく多いんですよ。湘南多いなって思ってたらFeel SHONANっていうのがきちゃった(笑)。
下田
そうですね。思いっきり湘南のプロジェクトですからね。プライベートでも関わるし、それが仕事にもなっていますよね。
鈴木
そうそう。そんな感じですよ毎日。プライベートも仕事もほとんど一緒みたいなもんですよね。
下田
それが言えるのは英人さんだからですよね。
鈴木
僕だけですか?(笑)
下田
私も言ってみたいですね(笑)。最後に英人さんの代表作についてお伺いしたいのですが。桑田佳祐さんの波乗りジョニーも英人さんの作品なんですよね?私、これ大好きです。
鈴木
そうですか。これもそうですよ。波乗りジョニーのCD+水着付き。これはレコード。LPですよね。これも描いた。

鈴木英人さんインタビュー写真2

下田
おー!水着!!水着とセットの作品って、桑田さんらしいですね。
鈴木
そうそう。よく意味が分からない(笑)。後は山下達郎さんとかね。これはもう長いんですよ。もう30年ぐらいやってます。
下田
山下達郎さんのもたくさんありますね。こっちにも。これは、モチーフは湘南ではないですよね?
鈴木
それは総合のアルバムじゃないかな?何十周年かの。これはアメリカ。これは「新参者」というテレビドラマの人形町を舞台にした街物語があったでしょう?それのやつですね。
下田
どれも色が綺麗ですね。色々と作品もたくさん見せていただいて、今日はありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
鈴木
こちらこそ。よろしくお願いします。

Movie


埋め込み動画がご覧になれない方はこちら:YouTubeリンク

インタビュー記事一覧

  1. vol.1 黒岩 祐治
  2. Vol.2 木村 太郎
  3. Vol.3 Tommy Snyder
  4. Vol.4 鈴木 英人
  5. Vol.5 ドジ井坂
  6. Vol.6 SHIHO,市川麻衣子
  7. Vol.7 つるの剛士
  8. Vol.8 児島 玲子