湘南を想いながら、パリで生まれた曲。

海を前にしたら、なかなか出てこなかった

下田
Tommyさん、こんにちは。レコーディングを聞かせていただいていたのですが、すごく素敵な曲ですね。
Tommy
ありがとうございます。この曲が生まれたとき、いいものができたんじゃないかなと思いました。最初、木村さんとミーティングがあって、日本にいる間に海を見ながら書けばいいんじゃないかなって思ったけど、なかなか出てこなかった。それでパリに戻って、ある日、ピアノの前に座っていたら、あっという間に出てきました。
下田
弾いてみてたらできたんですか?
Tommy
ピアノの前に座ってちょっと遊んでて。それで、もうそのまま出てきたんです。
下田
それで生まれてくるものなんですね。

Tommyさんインタビュー写真1

Tommy
そう。最初にメロディだけ考えて、そのあと詞を考えて、これはいけるんじゃないかなと思いました。木村さんには、先にメロディだけを送っていたんです。そして、木村さんから「いいじゃない」というリアクションがあったから、そのまま詞を書いて送りました。すると「これはいいじゃない!」と返事があり。嬉しかったです。
下田
「Feel SHONAN」というフレーズ、Tommyさんも携わっているんですよね。
Tommy
そうそう。そのフレーズは僕も考えてて、それも木村さんといろいろやり取りをして、これじゃない!?って送ったら「素晴らしい!」って返ってきて。嬉しかったです。それで決まりました!ロゴは(鈴木)英人が描いて。
下田
すごい素敵ですよね。海に富士山も入ってる。
Tommy
そう、富士山もあってウィンドサーファーもいるし、ヨットがいるし。
下田
カモメですかね。鳥も飛んでる。

Tommyさんインタビュー写真2

ヘビーメタル版「Feel SHONAN」?

下田
Tommyさんも実際に湘南に住まれてるんですよね?
Tommy
79年から葉山に住んでいて、今は逗子の方に移りました。その途中、パリにも住んでいました。パリと湘南はちょっと離れているけど、帰って来るとみんながいつ帰って来たのと聞くので、直接パリ-湘南便で今日帰って来たよとか、前の日に帰ってきたよって(笑)。
下田
イメージソングはメロディが穏やかで落ち着くなと思ったんですが、Tommyさんにとって湘南とはどういうイメージなんですか?
Tommy
落ち着ちつきますね。素晴らしい地域じゃないかな。僕は実際に住んだことはないけど、東京には住めないんじゃないかなと思います。日本に来たときは2年間、横浜に住んでいたんです。当時、ゴダイゴのミッキーさんとスティーブが磯子区に住んでて、近い方がいいんじゃないかと思って。そのうちスティーブが葉山に移って、ある日そこを見に行ったら、海側の湘南らしい場所で。僕も気に入って葉山に引っ越したんです。それからずっと湘南に住んでいますね。
下田
マリンスポーツとかはされますか?
Tommy
昔はウィンドサーフィンをやってました。でもパリに行ったから…。たまに(日本に)帰って来たときにやってたけど、帰って来るときはやっぱり仕事をしなければならないので、なかなかやる機会が減りましたね。でも、この2年前からスタンドアップパドルボードをやり始めましたよ。あとは泳いだり、毎日海を散歩しています。
下田
散歩は、海沿いをですか?
Tommy
うん、家から坂の下まで往復。それが大体7kmぐらい。
下田
散歩は、海沿いをですか?
Tommy
うん、家から坂の下まで往復。それが大体7kmぐらい。
下田
じゃあ、お散歩しながら「Feel SHONAN」の曲を口ずさんだり?
Tommy
詞がまだ決まってない曲は散歩をしたりとか、何やってても口ずさんだりして詞を考えていますね。この曲の詞はパリのカフェで決まったんです。iphoneにいろいろなフレーズを書いては、それを歌って。こっちの方が合うんじゃないかなとか。今楽しみにしているのはこの曲のロングサイズです。ロングサイズを作って、それのいろいろなアレンジ。ジャズとかバラードとか、まあヘビーメタルはないと思うけど。湘南はヘビーメタルとは合わないから(笑)。
下田
(笑)。ではロングバージョンも楽しみにしています。ありがとうございます。

Tommyさんインタビュー写真4

Movie

Feel SHONAN イメージソング


インタビュー動画

インタビュー記事一覧

  1. vol.1 黒岩 祐治
  2. Vol.2 木村 太郎
  3. Vol.3 Tommy Snyder
  4. Vol.4 鈴木 英人
  5. Vol.5 ドジ井坂
  6. Vol.6 SHIHO,市川麻衣子
  7. Vol.7 つるの剛士
  8. Vol.8 児島 玲子